ホーム > ランゴバルドの歴史

ランゴバルドの歴史  新刊

ランゴバルドの歴史
著者 パウルス・ディアコヌス
日向 太郎
ジャンル 歴史
出版年月日 2016/12/30
ISBN 9784862852458
判型・ページ数 菊判・302ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第 I 巻
1.ゲルマニアについて,この地が多くの民族を育み,そしてそれ故多くの部族がゲルマニアから移住することになったこと。
2.スカンジナビア島について,及びこの島をウィンニリ,すなわちランゴバルドが後にしたこと。
3.イボルとアイオが,母親ガンバラと共にウィンニリの最初の指導者となったこと。
 他24話

  第 II 巻
1.いかにしてランゴバルドは,帝国書記官ナルシスの命令に従って,対ゴート戦において彼に援護を与えたか。
2.いかにしてナルシスは,フランクの指揮官ブッケッリヌスとアミングスに勝利したか。第三の指揮官レウタリウスの死について。
3.いかにしてナルシスは,自身に抵抗したヘルリの君主シンドゥアルドを滅ぼしたか。
 他29話

  第 III 巻
1.ランゴバルドの諸公が略奪のためにガリアに侵入したこと。彼らの来襲を福者ホスピティウスがだいぶ前から予言していたこと。
2.福者ホスピティウスを暗殺しようとしたランゴバルドのこと。いかにして彼の右手が硬直したか,そしていかにして彼の右手がその聖人によって健康な状態に回復したか。そのランゴバルドが修道士になったこと。
3.いかにしてランゴバルドの軍勢に,パトリキウスのアマトゥスが戦争を仕掛け,いかにして彼が敗北を喫して殺され,またいかにランゴバルドが勝者として多くの略奪品をイタリアに持ち帰ったか。
 他32話

  第 IV 巻
1.アギルルフ王が,人質のためにフランスに使者を派遣したこと。
2.同じ年にあった旱魃とイナゴの大群について。
3.アギルルフがミムルフスを殺したこと。ガイドゥルフスとウルファリの謀反について。
 他48話

  第 V 巻
1.いかにしてグリムアルドが,王権を固めた後に,アリペルト王の娘を娶ったか。
2.ペルクタリトの逃亡について。いかにして彼がグリムアルドの許に戻り,そして再びフランスに逃げたか。
3.ウヌルフスとペルクタリトの近習に対するグリムアルド王の慈悲。
 他38話

  第 VI 巻
1.いかにロムアルドはタレントゥムを攻略したか。いかにテウデラタは聖ペトルスの修道院を建設したか。
2.ロムアルドの死について。いかに聖ベネディクトゥスの遺骸がガリアに運び去られたか。
3.フォルム・ユリイ公ロドアルドについて。彼の公国領を侵略したアンスフリトについて。
 他55話

解題
あとがきとして
固有名詞一覧

このページのトップへ

内容説明

本書は790年前後に執筆されたもので,ランゴバルドの民族起源からはじまり,いわゆる民族移動期の動乱を経てイタリア半島に進出し,2世紀あまり後にフランク王国に滅ぼされるまでの歴史的経緯を描く。達意の訳文と詳細な訳注を付した第一級資料の初の翻訳である。

ランゴバルドがラテン語文献に出てくるのは1世紀になってからであるが,タキトゥスは『ゲルマニア』で,彼らは少数部族でありながら独立不羈の精神と勇猛果敢さによって,周辺民族から一目置かれたと述べている。ランゴバルド族はスカンジナビア半島から発祥し,人口の増加に伴い新天地を求めて南下,ヴァンダル族との戦いで勝利したが,飢饉に見舞われ,その後もヨーロッパ各地を転々としていった。ローマ軍をはじめ各地で敵対する部族と闘いながら,568年にイタリア半島に侵入,イタリア北部・中部を中心に征服するが,774年フランク王カール大帝との戦いに敗れ王国は崩壊する。

著者は人物の意志や行為を重視して,アルボイン,テウデリンダ,グリムアルド,クニンクベルトなど代表的な人物に光を当てるとともに,多くの多彩な人物を活写してランゴバルドの歴史とそれを支えた人物群を描く。中世ヨーロッパ誕生の現場を見る格好の書である。

このページのトップへ